2010年04月21日

インドネシアのお酒購買事情

◆ビール◆
お酒といえば一番ポピュラーなのはビールでしょうビール
インドネシアのビールで一番ポピュラーなのは「BINTANG」でしょう。
BINTANG
この他にも「ANKER」「Bali Hai」などがメジャーどこです。
ANKERBali Hai
マイナーどこではBali Haiの黒ビール「PANTHER」、ANKERの黒ビール「ANKER STOUT」なんかでしょうか。
PANTHERANKER STOUT
ビールはスーパーなど比較的どこでも簡単に手に入ります(基本は缶ビール)。但し、さすがに宗教上の問題から表で昼間からおおっぴらにビールを飲む姿は見掛けませんバッド(下向き矢印)
価格は缶も瓶も1本1万ルピア前後(2010年3月現在)です。
日本でビールといえば、キンキンに冷えているのが常識ですが、インドネシアでは毎回そういうわけにもいきません。冷えてない常温のビールしか無いこともままあります。そんな時は氷なんかを入れて飲むわけですが、ビールに氷ってのはゲロまずですがく〜(落胆した顔)バッド(下向き矢印)
また、インドネシア人は基本的に甘い飲み物が好きなようで、ビールにコーラなどを混ぜて飲む姿もたまに見掛けます。物凄い違和感を感じますふらふら
屋台などにも缶ビールや瓶ビールが置いてありますが、瓶ビールをその場で飲む場合は店主に言えばコップビールを出してもらえるはずです。氷も言えば調達してくれます。

◆ワイン◆
インドネシア産のワインとしては、僕は赤ワインしかお目に掛かったことがありません。基本的には瓶のままで売られることはありません。ビニール袋に移してもらって購入します。これは瓶を再利用するからだそうです。

基本的にビニール袋で持ち帰るため、ワインの銘柄は現在のところ不明です。今度調べておきます手(グー)
インドネシアの赤ワインはとにかく「甘い!」です。甘いどころか「甘過ぎ!」です。
シロップか高濃度の砂糖水を飲んでいるようです。甘過ぎてたくさん飲む気になりませんし、また飲めません。糖尿病まっしぐらふらふらです(インドネシア人曰く、「砂糖の甘さじゃないから大丈夫!」だそうですが、僕に言わせればそういう問題を超越した甘さだと思いますもうやだ〜(悲しい顔))。
ワインはビールと違って、街中では売られているのを見掛けることはありません。
華人が経営しているスーパーや街角のちょっとした食料品を扱う小さな商店(warung)などでひっそりと売られていることが多いです。観光客では、まず何処で購入出来るかなんてわからないと思います。これはもう地元のインドネシア人から情報を得るしかありません。
価格は1本2万ルピア前後(2010年3月現在)だったと思います。

◆ウィスキー◆
インドネシアで一番安価でポピュラーなウィスキーは「MANSION HOUSE」でしょう。
小瓶・中瓶・大瓶とあるようです。
MANSION HOUSE
2010年3月現在、1年前と比べて価格が高騰したようで小瓶でも1本3万ルピア前後したと思います。
売られ方は赤ワインと同様で、街角でひっそりと売られています。基本的な飲み方はストレートで、キャップに注いでぐっと一気飲みって感じです。
また、やはり甘いものと混ぜて飲むようなこともします。
下の画像は栄養ドリンクの「KRATINGDAENG」とウィスキーを混ぜ合わせているところです。このように瓶の口と口(下がウィスキーで上が栄養ドリンク)を合わせると、比重の関係で中身が混じり合うわけです。僕としてはそのまま飲みたいんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)
KRATINGDAENGCAMPUR

これ以外にもお酒はいろいろありますが、夜中に仲間とたむろ(nongkrong)しながら飲む場合は、上記で述べたお酒あたりがポピュラーどこでしょう。
「アラック(arak)」と呼ばれる蒸留酒は、過去にメチルアルコールが混入されていたなどの事件があったりしたので、安全面を考えて手を出さない方がいいかも知れません。
日本酒や焼酎などは探せばありますが、割高なのでお奨めしません。

◆メルマガ登録◆ 81-62インドネシア語辞書ニュース

GetMoney_1.gifGetMoney_2.jpg
☆地味だけど堅実で究極のお小遣い稼ぎサイト【GetMoney!】☆
まずは上記バナーをクリックして登録(無料)
その後、サイト内で紹介されているスポンサーを訪れて
無料会員登録などをするだけで
1日で簡単に数千円は現金を稼げます!
銀行なら振込申請から3営業日以内に入金されます。
WebMoneyでも受け取れます。
頑張れば月に数万円の収入も可能!
posted by ゲロバウアー at 00:38| 東京 ☔| Comment(0) | インドネシア情報あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ジャカルタ最大級の魚市場『ムアラ・アンケ』

ムアラ・アンケ(Muara Angke)とは正確には地区(漁港)の名称です。
位置は下の画像をご覧下さい(画像クリックで拡大)。
ジャカルタ北部
ご覧のようにコタ駅からは結構離れていますあせあせ(飛び散る汗)
離れていますが、ガイドブックなどで紹介されている「パサール・イカン(Pasar Ikan)」よりもずっと規模の大きい魚市場がプンダラタン・イカン通り(Jalan Pendaratan Ikan)沿いにあるんですひらめき

【ムアラ・アンケ(Muara Angke)の魚市場通り(Pendaratan Ikan)】


交通の便が不便などいろんな理由から、極力現地のインドネシア人と一緒に行くことをお奨めします。
魚市場が活気づくのはではなくです。陽がどっぷり暮れてから行くといいでしょう。午前1時〜2時くらいまでは活気があります。
プンダラタン・イカン通り沿いには魚を一般客に小売りする出店が並んでいます。

【インドネシアのお茶目な魚屋さん】


見たことのない魚などもたくさんあって見ているだけでも楽しいです。魚市場内も見学出来るようですが、長靴が必需品になるようです。

さて、ここでのメインの楽しみは食事です。
プンダラタン・イカン通りを海の方へ向かって行くと左奥の辺りに「焼き魚処 海の煌めき(Pondok Ikan Bakar - Cahaya Bahari -」という食事処が集まった場所があります。市場で買った魚介類をその場で調理してくれます。

【Pondok Ikan Bakar "Cahaya Bahari"】


4〜5人で行ったとしても、鮮魚類は10万ルピアもあれば充分な量が購入できます。無難な食材としては魚ならマナガツオ(Bawal)あたりです。魚介類は基本的には量り売りです。食事処での調理代は材料代と同程度だと思います。材料代・調理代・追加オーダーなど、すべて込々で一人当たり5万ルピアくらいを見ておけばいいでしょう。
調理方法はメニューにいろいろ書いてありますが、よくわからないと思いますので、一緒に行ったインドネシア人かお店の人に任せてしまった方がいいでしょう手(チョキ)目
食事処には名物の流しのオヤジさんが居て、懐メロを歌い上げてくれます。そこらの流し(Pengamen)とは違って年季が入っているというか味があります手(チョキ)

【ムアラ・アンケ(Muara Angke)名物の流しのおっさん】


この食事処を通り過ぎて通りを海まで出ると、右側に桟橋があります。
ムアラ・アンケの桟橋
桟橋付近には漁船船が停泊していて、うまく船長さんと出会うことが出来れば、プラウ・スリブ(Pulau Seribu)の島々を半日掛けて巡ってもらうといった交渉も可能です。
ヘンドラさん♂という船長さんは、朝から夕方の半日間の漁船チャーターで50万ルピアと言ってましたわーい(嬉しい顔)

【真夜中にインドネシア・ジャカルタの漁港に行ってみた】
漁船

とにかく、観光客は皆無と言っていいほどの穴場です。
観光地巡りに飽きたら行ってみては如何でしょうか。

ちなみに、「焼き魚処 海の煌めき」のすぐ目の前に、僕の友人のポパイ♂って奴が経営する笹かまぼこ(Otak-otak)屋があります手(グー)
1個500ルピア程度で、大量発注にも応じてくれますよるんるん

【ムアラ・アンケ(Muara Angke)の笹かまぼこ屋】


◆メルマガ登録◆ 81-62インドネシア語辞書ニュース

GetMoney_1.gifGetMoney_2.jpg
☆地味だけど堅実で究極のお小遣い稼ぎサイト【GetMoney!】☆
まずは上記バナーをクリックして登録(無料)
その後、サイト内で紹介されているスポンサーを訪れて
無料会員登録などをするだけで
1日で簡単に数千円は現金を稼げます!
銀行なら振込申請から3営業日以内に入金されます。
WebMoneyでも受け取れます。
頑張れば月に数万円の収入も可能!
posted by ゲロバウアー at 15:08| 東京 ☀| Comment(2) | インドネシア情報あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアのテイクアウト事情

インドネシア語で、テイクアウトのことを「ブンクス(bungkus)」と言います。「包む」という意味があります。

インドネシアでは屋台などで食べ物を買った場合、プラスチックの容器などではなく、葉っぱに包んでもらって持ち帰ります。
【Nasi Lemak Daun Pisang】

上記動画ではバナナの葉っぱに包んでます。
普通は蝋や油などでコーティングして強化した茶色い紙を使用します。
下の動画はインドネシアのクレヨンしんちゃんがテイクアウトした弁当を駐車場の片隅で食べている様子ですわーい(嬉しい顔)
【インドネシアの実写版クレヨンしんちゃん(Crayon Shin-chan)】

汁っぽい食べ物なんかでも紙に包んでしまいます。
これが不思議なことに滅多に漏れ出したりしないんですね〜決定
まぁ多少は神経を使いますが・・・。
最初は物凄い違和感なんですが、慣れてくると紙の方が廃棄処理し易いですし、ゴミ箱も嵩張りません。

食べ物以上にもっと驚くのが飲み物の持ち帰り方法です。
なんとビニール袋に入れます。瓶に入った飲み物などは瓶を再利用するんで、ビニール袋などに入れて売ってくれるんですひらめき
ビニール袋は多少厚めなので、下の動画のように置くことが出来ます。
下の動画ではコップへの注ぎ方を見せてますが、直接ストローを刺して飲んだりもします。
【インドネシアのテイクアウト文化】

これは今でも慣れません。置く時にどうしても神経を使わなければなりません。まぁ、捨てる時は紙同様、嵩張らないからいいんですけどね。

◆メルマガ登録◆ 81-62インドネシア語辞書ニュース

GetMoney_1.gifGetMoney_2.jpg
☆地味だけど堅実で究極のお小遣い稼ぎサイト【GetMoney!】☆
まずは上記バナーをクリックして登録(無料)
その後、サイト内で紹介されているスポンサーを訪れて
無料会員登録などをするだけで
1日で簡単に数千円は現金を稼げます!
銀行なら振込申請から3営業日以内に入金されます。
WebMoneyでも受け取れます。
頑張れば月に数万円の収入も可能!
posted by ゲロバウアー at 03:15| 東京 🌁| Comment(0) | インドネシア情報あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。